輝和美ジャパンアカデミー認定講師の活躍

~輝和美ジャパンアカデミー認定講師 大日河輝織さんからの寄稿~

一昨年、輝和美ジャパンアカデミーで和の講師の資格を取りました。最初は自分のために学んでいましたが、だんだん「ここで学んだことを未来ある子供たちに伝えたい」と思うようになりました。講師デビューは、ガールスカウト向けのしめ縄づくり講座。

まずは準備。習った知識のどこを使うか、どう伝えるか。言葉選びだけでなく、画像や絵をどのタイミングで入れようか…時間はかかりますが、子供たちの反応を想像しながら準備をする時間は楽しくもあり、座学や試験とはまた違う学びの時間でした。

当日はすごく緊張して会場入り。第一部はクリスマスパーティーで、テーブルに並ぶ子供たちが喜びそうなクリスマスカラーのゼリーやトナカイの顔の手作りお菓子やケーキ、たこ焼きや唐揚げ、おいなりさんを見て、緊張が少しほぐれました。

藁、稲穂、水引などしめ縄の材料は会場の目立つ位置に置かれていて、和と洋が混在し、不思議と調和を保っている空間に「和」を感じました。

最近、ハンドクラフト講座は大人気で、特に11月から12月にかけてのしめ縄ワークショップはよく見かけますよね。その多くは、いかに美しく見栄えの良いものを作るかが重要で、しめ縄そのものについて学ぶことは少ないと思います。

食事を終えたガールスカウトたちは、藁をねじって輪にするところからスタート。

スカウトの1人が「神様の事を考えながら作るんだよ」と何度も言っていたのが印象に残りました。講座では、しめ縄の材料について考えるところから始め、何故しめ縄があるのかについて伝え、年末からお正月にかけての準備について整理しました。そうすると、年末年始の色々な決まり事や習慣に合点がいくようになるんです。最後に、「お正月は日本だけの行事なんですよ」と伝えると、驚く子が多かったです。和に興味を持つきっかけになってくれますようにという気持ちで私は講座を終えました。

日常生活の身近なことについて考えるきっかけさえあれば、子供たちは、遊ぶように楽しく、そして自然に和を理解することができることを実感しました。輝和美こども倶楽部での活動を通して、今後も子供達と親の世代に和のいろはを伝えていきたいです。

輝和美ジャパンアカデミーでは、和の講師養成プログラムを随時開催しております。興味をお持ちの方は、info@kiwabi.clubまでお気軽お問い合わせください。

お水にまつわる和の話初級講師養成講座

ゲリラ豪雨や台風に見舞われる現代の日本列島。その災害と向き合う日本の暮らしは世界無二のユニークなものです。
日本人と水との関わりを、海外の状況との比較を交えて学び、知っているようで知らない知識の背景や理由を捉え、教養を高めていく内容になっています。今ある全てに古来の知恵と合理性が繋がっています。
私たちの生活に欠かすことのできないお水を通じて、和の真髄にアプローチをし、日本人の心とは?日本文化とは何か?を紐解いていきます。
講座を取得、講師登録することで、輝和美ジャパンアカデミー講師として「お水にまつわる和の話」初級講座を教えることが可能です。
また、学校などで活躍する和の講師を目指したい方、講師以外の目的を持たれる方にもおススメです。

<日程> 10月13日(日)13:00-17:00

<場所>都内の会議室(参加者に別途ご連絡)

<講師> 紀ノ川輝千(輝和美ジャパンアカデミー代表)            もしくは輝和美ジャパンアカデミー認定講師

<受講料> 
輝和美倶楽部会員 33000円(税込)
     非会員 38500円(税込)
再受講      16500円(税込)

養成講座を修了され講師認定/登録を希望される方は輝和美倶楽部への入会とアカデミーの認定登録費用が必要となります。ご自身の教養として受講のみも可能です。非会員価格で受講され後日入会手続きをとられた場合は、差額を差引いたします。詳細は資料をご請求ください。

<お申し込み先>
info@kiwabi.clubへご連絡をお願いします。
輝和美倶楽部の運営会社の口座へ事前振込をお願いします。
みずほ銀行 恵比寿支店188  口座番号1612719 カブシキガイシャ ノリエルインターナショナルアンドアソシエイツVer menos


お米にまつわる和の話初級講師養成講座

お米にまつわる和の話初級認定講師養成講座を実施いたします。
新米の季節を前に、お米をもう一度見直しませんか?私たちの生活に深く根差しているお米を通じて、和の真髄にアプローチをし、日本人の心とは?日本文化とは何か?を紐解いていきます。知っているようで知らない知識を背景や理由を捉えながら学ぶことで教養を高めていく内容になっています。

<日程> 10月27日(日)13:00-17:00

<場所>都内の会議室(参加者に別途ご連絡)

<講師> 紀ノ川輝千(輝和美ジャパンアカデミー代表) もしくは輝和美ジャパンアカデミー認定講師

<受講料> 
輝和美倶楽部会員 33000円(税込)
     非会員 38500円(税込)
再受講      16500円(税込)

養成講座を修了され講師認定/登録を希望される方は輝和美倶楽部への入会とアカデミーの認定登録費用が必要となります。ご自身の教養として受講のみも可能です。非会員価格で受講され後日入会手続きをとられた場合は、差額を差引いたします。詳細は資料をご請求ください。

<お申し込み先>
info@kiwabi.clubへご連絡をお願いします。
こちらのページの参加ボタンを押すだけではご参加いただけません。
輝和美倶楽部の運営会社の口座へ事前振込をお願いします。
みずほ銀行 恵比寿支店188  口座番号1612719 カブシキガイシャ ノリエルインターナショナルアンドアソシエイツ

輝和美道in東京を開催しました ②

若手経営者向けの和の経営塾「輝和美道」参加者が、東京で1泊2日の研修を行いました。

2日目は、座学マネジメント研修「ブレないリーダーシップとマネジメントについて」。講師はPHP研究所上級講師 芦田純子氏。

講座の2大テーマはドラッガーのリーダーシップと「効き脳診断」を自己成長とマネジメントへ生かす方法。

事前に行った効き脳診断の結果を基に、まずは自己分析。誰がどのタイプか予想をし「やっぱり!」「意外!!」など和気藹々とした様子。続いて各タイプの特徴を言動などの例から理解し、タイプに応じたコミュニケーション方法を学びました→ https://youtu.be/DeFAVFAgBi0

目標設定に進むと、一気に真剣でピリリとした空気に。体は東京にあっても、頭と心は宮崎に戻った時間でした。メンバー同士理解しあっているからこそ出る素晴らしいアドバイス(ツッコミ!)も見られました。

参加者の声:・刺激が多くとても楽しい2日間だった。

・日常生活にしっかり落とし込んでいきたい。

・とにかく行動あるのみ。

・危機感を持って取り組んでいきたい。

・2日間で得たことを今日から実践していきたい。

今回の参加者は、自身の成長と共に、輝和美道の後進を育てる役割も担っています。宮崎から日本、そして世界の若手経営者たちに影響を与えるような存在になることを期待された人材です。

輝和美道へご興味を持ってくださった方は、お気軽にお問い合わせください。http://kiwabijapan.academy/お問い合わせ/

輝和美道in東京を開催しました

輝和美ジャパンアカデミーでは、さまざな階層・年齢向けのコンテンツを開発しています。座学にとどまらず、フィールドワーク等を組み合わせ、学びを深めています。

宮崎県で展開中の「和の経営塾 輝和美道」もその1つ。先日、東京で1泊2日のビジネスツアーを開催しました。参加者は、20代~30代の若手経営者、特に既存の事業を引き継ぐ方4名。

1日目の講師は、輝和美ジャパンアカデミー代表である紀ノ川輝千。海外出張も多く忙しい代表と丸1日過ごす機会はそう多くありません。何日も事前準備に費やし、【ビジネス展示会視察 ・ビジネス分析ツアー「体験価値はビジネスになるのか」】というテーマで実施しました。

パナソニックセンター東京

まずは、「日本にいま何が起きているのか、新しさとは何か」を切り口に、日本を代表する企業のショールームや店舗、サービスを体験訪問しました。

昼食:ヤンマービアテラスカフェ

訪問する順番にもきちんと意味があります。

セイコードリームスクエア
セイコードリームスクエア

モノの価値と値段にはどのような関係があるか?を考えると同時に、産業構造を変えてきた日本や世界各国の技術やアイデアについて学ぶ機会にもなりました。

夜は食事をしながら座談会。「親から引き継ぐ事業継続の難しさ」~現オーナーと継ぐ立場と継がせる立場~

会場となったのは、大森駅徒歩2分の場所にあるホテル グランティオス別邸 内にある和とBar 月の小路。

ホテルのオーナーである石橋社長は、参加者と同じで、親から事業を引き継ぎ、事業拡大を積極的に進めている方です。座談会の様子をほんの少しお見せします。→https://youtu.be/PGbUNxdQ_Fo

それぞれ業種や立場は違えども、目標に向かって切磋琢磨し合う仲間たち。参加者の3名は幼稚園から高校まで一緒の幼なじみ。ざっくばらんに、笑いあり、叱咤激励ありの時間となりました。

和とBar 月の小路は、輝和美倶楽部の講座でも人気の会場で、和モダンインテリアと和酒の品揃え、お寿司と一品料理を組み合わせたコース料理が自慢。夜は付近で働くビジネスマンのグループに人気だそうです。

2日目の様子は別途ご報告いたします。